必要書類を揃える

たくさんの買い物袋

ローンといっても住宅や自動車のように名前のあるものやフリーローンのように名前が無いものがあります。
これらの違いはいったい何かというと資金使途が制限されているかどうかにあります。
何に使ってもいい消費者金融のキャッシングは、ショッピングに使ってもいいですし旅行に行ってもいいし生活費の足しにしてもよく、資金使途が制限されないのはいいのですが金利は高く設定されています。
住宅を購入する時や自動車を購入するときのローンは、あらかじめ名前がついています。
つまり資金使途が限定されていて他に使うことができないのです。
その代わり金利は低金利で設定されています。
住宅購入や自動車購入は国の経済に関係するもの得ありますから多くの方に利用してほしいため金利が安いのです。

消費者金融の限度額と金利は、歴史をたどると借りることができる最大の限度額は縮小していき、借りる時の金利も何十年という単位で見れば下がってきています。
以前であれば年収が200万円しかなくても300万円を借りることができた時代もあったのですが、現在では総量規制が導入されて年収の3分の1までしか利用することができなくなっています。
200万円ですと60万円程度の限度額が最大です。
金利に関しても、貸金業法が改正されて以降は利用限度額に応じて15%から20%が上限金利となっています。
以前は29.2%で融資していましたのでそれと比べると10%近く金利が下がったことになります。
銀行系のカードローンに関しては総量規制対象外です。